予備校を実績で選んで何とか希望の医学部に入ることが出来ました

予備校に1年通って医学部に入学した

自分は予備校に1年通っていましたが、それでなんとか希望の医学部に入ることが出来ました。
現役の時には医学部に入るようなところまでは偏差値がいかなかったので、それで予備校に行くことになったのですが、その時には実績で予備校を選ぶことにした。
人によっては家の近くというような事を考える人も多いようですが、自分の場合は家を出てもいいということだったので、とにかく評判の良いところ、信用できるところという事で、実績を重視したわけです。
結果的にはこれが良かったという事を実感しています。
予備校に行っていた時もかなり充実した生活をおくることが出来たと思ったからです。
というのは、同じように浪人した人たちと比較しても自分の生活はかなり充実していると感じたからです。
それには環境が大きく違っているからだと感じました。
基本的に自分が行ったところでは、周りもみんな頑張っている人ばかりでした。
明確に医学部に入ることを考えてその為に努力をするという人ばかりでしたから、環境として頑張るという奮起があり、たまに休憩するような事もありますけれども、それらは息抜きの休憩であって、ちゃんとその後で頑張るという事が前提にある休憩だったという気がします。
そのため、生活にはある程度の緊張感がありました。

予備校に1年通って医学部に入学した / 生活にはある程度の緊張感があった / 希望を叶えることが出来て良かった

医学部 予備校 : 医学部予備校ガイド